数独まにあ エクセルまにあ  あらのHP  麻雀研究所  株式投資  なたでぽぽ


数独の作り方3

数独の作り方

ではまず、左下のブロックに注目して、1の場所チェックをやってみましょう。上の方の数字を見ると、1が入っているのは2列目と3列目ですね。したがって、1が入る可能性があるのは1列目だけです。このブロックでは、1列目に7と3がすでに入っているので、1を入れることの出来る場所は黄色のマスしかないことになります。

次に左上のブロックに注目して、2の場所チェックをやってみましょう。2行目と3行目についてはすでに2が入っていますので、可能性としては1列目だけです。そして左から二番目のマスにはすでに1が入っているので、2が入る可能性があるのはピンクのマスか、そのふたつ右のマスということになります。

普通に解いているときには分かる事はここまでで何も数字は決まりません。ただ、今は問題を作っている立場なので、ちょっと事情が違います。それは、緑色のマスの数字を決める権利はこちらにある、ということです。

問題作りを進めていったとき、3列目のマスにも何か数字を入れることになるわけですが、その数字はこちらが決めることが出来ます。ということは、ここに2を入れるかどうかは自由ということです。ならばここでは、2以外の数字を入れる、という事にしてしまいしょう。

そうすると、左上のブロックの中で2が入ってもいい場所というのは、結局ピンクのマスしかなくなるので、ここに2を確定させることが出来るわけです。問題を作っているとき特有のテクニックですね。もちろん、入れたくなければ無理に入れることはありません。

さて、こんな感じでどんどん解いていけばいいのですが、この盤面の場合はこれ以上数字は決まらないようです。まあ大体こんなものなので、気にせずに進めていきましょう。

 

数独の作り方4に進む  トップページに戻る